よくある質問FAQ


JSCAについて

Q正会員と一般会員の違いは何ですか?


A正会員とは、JSCAが認めた公認スクール(カヌースクール、カヌー指導、およびカヌーガイドを実施する会社、団体、組織)を指します。
一般会員とは、指導員検定会において、規定の単位を取得して協会が認定した方、個人を指します。


Q会員になるとどのようなサービスがありますか?


A各種研修会に参加するなど、指導員としてのスキルのブラッシュアップとなる機会も提供しております。
公認スクールや公認スクールに所属する一般会員と準会員の皆様には、JSCA自然体験活動保険保険(賠償責任保険・旅行傷害保険)を充実した内容で用意されています。



会員について

Q会員になるにはどうすればいいの?


A会員には、正会員、一般会員、準会員、賛助会員がございます。全国の公認スクールではベーシックインストラクター検定会も開催され、各種の指導員検定会に参加して、合格者は一般会員、単位合格者は準会員として登録が可能ですし、協会へのご賛同をいただければ、会友や賛助会員としても登録が可能です。



スケジュールについて

Q検定会のスケジュールは?


A年度始めの2月から3月には、一年間の検定会スケジュールや、会員研修会のスケジュールが発表されます。



資料・申請書について

Q資料や申請書はどこに提出すればいいの?


A申請書の提出は事務局、または各検定会や研修会の主管窓口へご提出ください。


Q勝手にダウンロードしても良いのでしょうか?


AJSCA協会は、協会活動のための資料と位置づけ、無断転用、または不正利用を発見した場合、当協会顧問弁護士による「著作権等」の不正利用による不法行為として対処させていただきます。
ご不明な点などは、当協会事務局までご連絡下さい。



じゃすくうる(スクール)について

Q全国に広がるJSCA公認スクールは誰でも加盟できるんですか?


A正会員である公認スクールは、理事会で承認された個人指導員(インストラクター2、インストラクター1、およびベーシックインストラクター)を公認スクール代表者とし、協会が規定する安全基準を満たし、理事会が承認した事業団体です。
認定されるには、公認スクール規程第1条、2条、3条の規程に沿って事業団体が公認スクール申請を行い、理事会で承認されたのち、正会員として認定されます。


Q公認スクールに入るメリットは何ですか?


A協会としての上位位置に属する公認スクールは、全国様々な地域で活躍するカヌーやカヤック、パドリング活動を行う事業団体の中でも、厳選されたスクールやガイド事業を行う団体・事業者です。
安全面に配慮し、起きてはいけない事故に対して未然に防ぐ活動、万が一の場合に対処できる的確なノウハウ、公的立場にも配慮したマインド・ナレッジ・スキルを備え持った者のみがスクールに認定されます。
パドリングに携わる団体・事業者が集まることで、情報をいち早く共有し、常に高い認識で研鑽を深める場所も提供されます。仕事である事業活動を、成長を続けながら且つ永続的活動と捉え、安全で楽しいカヌー・パドリング活動の普及のためにも、公認スクールへの参加をお待ちしております。 JSCA協会ではカヌーシーンの業界スタンダードを創造し、日々様々な水辺の活動団体と情報共有を図り、協会活動事業を推進しております。